カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ビーグレンのトライアルセットを使って分かった人気の理由

インターネットの口コミで話題になっている“ビーグレン”のニキビケアのトライアルセットをご存知ですか?

トライアルセットで試してみて、驚きの効果にリピーターが続出しているそうで、トライアルだけあって結構小さくて1週間分で、使ってみてレポートします。

普通のクレンジングとかの洗顔料には洗浄力の強い界面活性剤が入っているようで、知らないうちに肌の防御壁を破壊していることがあるらしいのです。

“ビーグレン”の洗顔料は、そんな防御壁を守りながら洗顔できる特殊精製した天然クレイを使っているので安心で優秀なのです。

私にはこの“ビーグレン”の洗顔料が合っている感じで良いようです。

まずは、洗顔料からで、クレイウォッシュは、泡立てる必要がなく両手で軽く溶け込ませて使います。

が立たないので少々不安になりますが顔に着けるとスベスベして顔になじみます。
クレイウォッシュは滑りが良く、軽くこするだけで済むのでお肌にやさしい様です。

洗顔後は、「ツルツルのツヤツヤ」になっていました。

続いて、クレイローションを使います。少しジェル状になっています。

顔に載せてみると保湿力がある感じがして少々ポッカポカですこし温かくなり、そしてCセラムを使います。

手にのせるとその温かくなるのがハッキリわかりました。

顔に塗ると顔も温かくなり、結構な保湿力だとわかり、乾燥とは「サヨナラ」です。

ビーグレンは肌に馴染みやすく、使っている実感があるので気に入っているニキビケア製品です。

インターネットなどで 多くの愛用者から支持を受けていても実際使ってみないとわからなかったり、使った本人にしかわからないことってありますののでニキビ君に悩まされている方々は“ビーグレン”のニキビケアのトライアルセットから始めることをオススメします。

ニキビは速攻ですぐに消えるものじゃないので少しづつ徐々にしかその効果を得ることができませんが、“ビーグレン”のニキビケアは良い成分を使っているだけあってか、手触り感まで変わってくるのは流石です。

どういう人にオススメなのかと言うと、ニキビができて止まらないという方や出来るとなかなか治らないという方に炎症が酷かったりして、そのせいで顔が赤らんでしまうという方、ニキビ跡を改善したい方、ニキビがができない肌になりたいという方々にお勧めします。

参考情報:http://www.apcd-2006.com/

プロアクティブを使うのならアメリカ版がオススメ

アメリカ版プロアクティブ

ニキビを治すので1番有名と言ってもいいのがプロアクティブ。実はプロアクティブは1種類だけではなく、全部で2種類存在しているのです。

1つは日本で作られたもの、もう1つはアメリカで作られたものです。
どちらも一見変わらないように感じるかもしれませんが、2つとも全く別物です。
そして、2つとも使ったことがありますが、アメリカ版の方がニキビ治療効果が高いです。

アメリカのプロアクティブの中には過酸化ベンゾイルと呼ばれる、ニキビ治療に絶大な効果がある成分が含まれています。

それに比べて日本版のプロアクティブの中には過酸化ベンゾイルが入っておらず、代わりにサリチル酸と呼ばれるニキビ治療効果のある成分が入っています。実際、過酸化ベンゾイルとサリチル酸では、過酸化ベンゾイルの方がニキビに効きます。

今日本で売られているプロアクティブプラスは1週間ほどでニキビが治りましたが、アメリカのプロアクティブではなんと2日でニキビが治りました。

さらにもっと早い時は、寝る前に塗って、次の日の朝に治っていたことだってあります。
そして、アメリカのプロアクティブを使い続けてからニキビがほとんど出来にくくなりました。

私は高校生の頃からあごニキビにずっと悩まされていましたが、今ではあごにニキビが全く出来なくなりました。
日本のプロアクティブを使っていてあまり効果がないと思う人は、ぜひ1度アメリカのプロアクティブを使ってみてください。

敏感肌の毛穴汚れには「よかせっけん(ジャータイプ)」がおすすめ

yoka

よかせっけん(ジャータイプ)は私自身、長い間愛用させていただいいるのですが、何といっても完全無添加で作られており肌に優しい成分で構成されているのが魅力です。
よく美容に興味のある友人から「毛穴の汚れが気になるんだけど、敏感肌だから洗浄力が強い洗顔が使えない」と相談されるのですが、
そんなときは一番最初に完全無添加のよかせっけんを勧めています。

この洗顔石鹸は無添加で肌にやさしいだけでなく、しっかり汚れを落としてくれるのが特徴。
毛穴の汚れもしっかり取り除いてくれるので、敏感肌とオイリー肌のどちらにも該当する私の肌には凄く助かっております。

元々こちらの商品は知人からの紹介で試してみたのですが、まず最初に驚いたのが泡立ちの良さとそのもっちり感です。
今まで数多くの洗顔を試していましたが、ここまで濃密な泡が出来る洗顔は中々無いと思います。

洗顔中も肌に気持ちよく快適に行えるのに加えて、仕上がりは突っ張ることもなく肌がしっとりとする印象です。
こちらの商品には超微細シリカパウダーと呼ばれる特別な原料が使用されており、高い洗浄力に加え毛穴より小さい超微粒子である為細かい部分にまでいき渡り肌を綺麗にしてくれます。

私自身長い間ニキビに悩まされておりましたが、よかせっけんを継続して使用するうちに落ち着いてきましたのでこういった悩みをお持ちの方にも個人的にはおススメです。
天然由来成分を使用し肌に優しい仕上がりですので老若男女問わず幅広い世代でお使いいただけるのではないでしょうか。

参考情報:よか石けんを使用した口コミ
よかせっけんの口コミサイトは多いですが、私が記事にも書いた「濃密な泡」のイメージに一番近かったのがこちらです。

不規則な生活になりがちな飲食業にいた頃の話

昔働いていたお店

飲食業で働いていた時の話しですが、夜から深夜もしくは次の営業に関するミーティングで朝まで長引いた時など、不規則な毎日が続き大きいニキビが出来る頻度が多くなりました。

おでこなら髪を下ろせばどうにか隠す事はできましたが、ほっぺや口周りなどにも10円玉くらいのニキビが出来ていた時には隠す事が出来ません。仕事が終わり気になって硬くて中々潰せない大きなニキビを、針など尖った物で痛さを堪え潰していました。

血も中々止まらず、次の日になると潰した部分が逆に黒味がかって仕事に行くのが憂鬱で、行ってもテンションが上がらず逆にニキビが気になって仕方がなく仕事に集中出来ませんでした。

病院に行く時間もなく悩んでいましたが、今出来る範囲で自分なりのニキビ対策を考えて行動する事にしました。まずは不規則が最大の原因だと思いましたが、仕事上無理なので最初に試して見たのが洗顔料を変えてみる事にしました。

今まで使っていたのがとりあえず一番安いのを肌質も考えずに買っていたので、ネットなどで情報を仕入れ、試して使ってみたのが肌質に合わせた薬用の石鹸でした。石鹸を洗顔で使うのは小学生以来なので抵抗はありましたが、少しずつですが大きなニキビまで発展する事がなくなり、1ヶ月程経つと赤ら顔で悩んでもいたので少し治まっていったのが実感しました。

それから今でも完全にニキビが出来ないという事はないですが、大きなニキビは出来る事がない状態が続いているので、何事も早めに対策を練り処置が遅れないように心がけたいと思います。

思春期ニキビはキニビケアの基本対策で治る

nikikaizen

思春期には男性ホルモンの分泌が急激に活発になり、それに合わせて皮脂の分泌も過剰になるため、
毛穴をふさぎやすくなることが思春期のニキビの原因と考えられています。

思春期に肌がてかてかと光りやすいのはこの皮脂分泌が主な原因で、
余分な皮脂はニキビの原因となりますので洗顔ですっきりと除去するのが重要です。

思春期ニキビが気になるからといって指や爪で押しつぶすのは逆効果です。
指には雑菌がついており、つぶしたニキビにも雑菌が繁殖してしまうと化膿したり、
痕が残ってしまう可能性がありますので、肌に優しいスキンケアをする必要があります。

洗顔を行うときはぬるま湯でこすらないように肌をゆすぎ、たっぷりと泡立てた洗顔料の泡でマッサージするように優しく洗いましょう。
こすらなくても皮脂汚れは落ちますので、とにかく優しく洗うのがポイントです。

その後、皮脂が出るからといって洗いっぱなしの人がいますが、放置するとお肌の乾燥につながりますので、
お肌の刺激になりにくい化粧水をつけて保湿するのが好ましいです。

洗顔料や化粧水は、ニキビ肌用のものならニキビの負担にならずにスキンケアすることができます。
夜は早めに就寝し、ビタミンやミネラルのバランスの取れた食事を摂るなど生活習慣の見直しも、思春期のニキビ対策には効果的です。

鼻のニキビは乾燥を防げば改善する

私の肌質は、典型的なオイリー肌です。特にTゾーンはすぐテカってしまいます。なので鼻にニキビができやすいのです。

洗顔してから乳液やクリームなどは余計に皮脂の分泌が多くなり「鼻にきび」ができる原因だと思いこみ、一切ケアをしていませんでした。自分には必要ないものだと思い込んでしまっていたのです。

しかし、鼻のニキビについて調べてみると、実は「にきび」の原因は毛穴の詰まりであり、何よりも保湿が大事だということが分かりました。またこの皮脂の原因はなんと乾燥にあったのだということです。保湿は逆に脂を増殖させると思っていたのが、実は乾燥の原因になるということ。そしてその結果毛穴が詰まり「にきび」が出来やすい肌になってしまうということにショックを受けました。

そこから私がしたことは基本から立ち返ることにしました。まず、洗顔を見直しました。
今までは泡立てネットも使わずにそのまま手のひらで少し水になじませてから直接肌を洗っていましたが、
ネットでしっかりふわふわの泡にし、肌に優しく滑らせるようにマッサージをすることを徹底しました。

awa

すすぐ際も10回以上を目安にすすぎ、また化粧水の後は乳液とクリームで潤いを閉じ込めるように保湿を行うようにしています。
また洗顔後は時間がある際はホットタオルで毛穴を開かせて、化粧水が肌の奥まで浸透するようにコットンでパッティングをしています。そのことによってだいぶ毛穴の詰まりが改善されそのことによって「鼻ニキビ」もなくなりました。
なによりも大切だったのは基本をしっかり押さえた保湿重視のスキンケアだという事でした。

参考情報:シロノクリニック
東京に三店舗、横浜と大阪に各一店舗ある美容皮膚科です。最新の治療法やニキビ対策、ニキビに関する体験談などが紹介されています。

春の外出は思いがけない日焼けに注意

hizasi

春になると何か新しいことを始めたり気持ちも明るくなって、
外出の機会が多くなるのではないでしょうか。
お花見やピクニックなど、室内だけではなく天気のいい日は屋外にいる時間が長くなるのも春です。
気持ちいい春、お肌を守るための対策もしっかりして外出を楽しみたいものです。

まだまだ長袖を着ているから日焼け対策にまで気が回らない、
この時期に日傘をさしている人はほとんど見かけないから自分だけ日傘を使うのも何となく気がひける、
などと思っていませんか。
春はお肌を守るために注意しないといけない季節でもあるのです。

まず、紫外線の量が増え始めるのが春です。
最大のピークである夏を迎える前に紫外線対策を心がけたいものです。
朝、天気予報をチェックする時に、紫外線指数にも注意してみると3、4月から上がっているのが分かります。
晴れている日はある程度気にしていても、
曇りの日には紫外線対策を怠ってしまいがちですが、
曇りの日こそ紫外線からお肌を守る注意をしなくてはいけません。

また、長袖を着ていても首まわり、手首、手の甲などには日焼け止めクリームを塗るのも忘れてはいけません。
日差しが強い時間帯の外出はできるだけ避けるのがいちばんですが、
春は外出が多くなるシーズンですから、
紫外線からお肌を守るために十分注意して楽しみましょう。

角柱は早めに取り除いてスベスベ肌に

角質層が厚くなると肌がくすんだり、
触るとザラザラした感触がしてとても不快にですよね。
ザラついている部分を鏡でよく見てみると、
皮脂が多く出るTゾーンの毛穴やニキビ跡に角柱がたまり、
それが原因で肌のザラつきを感じることもあります。

角柱は皮脂や角質が固まってできるもので毛穴を塞ぐように詰まっています。
そのまま放置していると毛穴が開いて見えるほか、
ニキビの原因にもなるので早めにケアしておきましょう。

角柱を取り除く方法としては角質除去用のクレンジングを使うか、
ピーリング効果のある化粧水を使う方法が効果的です。
ひと昔前に毛穴パックとして水に濡らして乾くと固まるシートを使い、
無理やり角柱を取り除く方法が流行しましたがこれはNG。
肌を傷つけてしまうだけでなく、
角柱を抜いたあとの毛穴が開いたままになるため、
すぐに元通りの肌になってしまいます。
角質ケアするときはやさしく少しづつ取り除いていき、
最後に角質を予防する効果のあるマッサージクリームを使いましょう。
この方法を一ヶ月も行えば肌の感触が変わってきます。

ニキビは隠すのではなくカモフラージュを

kamo

気になるニキビを何とか隠したい!
そう思って何度もファンデーションを重ねづけしてしまう人は多いでしょう。
小さいニキビなら何となるかもしれませんが、
ある程度大きいとそうはいきません。

そもそも肌が炎症を起こしている部分なのですから、
ひたすら化粧を塗りたくるのは逆効果なうえ、
ニキビを余計悪化させる原因にもなりかねません。
あくまでニキビ部分は薄塗りし、
周りをコンシーラーでカバーすることで自然に目立たせなくすることが重要です。

固形タイプのコンシーラーが扱いにくければ、
まずクリームタイプの扱いやすい物を。
ニキビの中心部分の熱を持っている部分には触れずに、
その周りを埋めていく感じでコンシーラーを重ねていきます。
自分の肌より暗いものを選んでしまうと悪目立ちするので、
色は肌と同じくらいか少し明るめを選ぶとベストです。
あとは中心部に軽くファンデーションかお粉をはたいて終了です。

勿論これで完全に隠れるわけではありません。
しかしニキビを少しでも目立たなくカモフラージュすることで、
少し離れた位置から見たときに驚くほど自然に仕上がるのです。
頬にできたニキビならチークを濃いめに入れて誤魔化してしまうのも一つの手段ですね。
隠そうと思うのではなく全体を無理なく自然に仕上げること。
ニキビはいつか治るのですからそれまで少しの我慢、
気に病まず普段に近いメイクを楽しみましょう。

ニキビと肌老化を防ぐ食生活

ニキビと肌老化を防ぐ食生活

女性ならいつまでも若々しくいたいと願うのは当然ですよね。
見た目年齢を左右するのは、やはりお肌です。
くすみやシミのない潤いのある肌は見た目を若々しく見せてくれます。

私たちの肌は毎日私たちが食べた物によって作られます。
化粧品にこだわりスキンケアをどんなに頑張っても、
普段の食生活をおろそかにしていると美しい肌を手に入りません。

ニキビのない美肌になるために心がけたい食生活の基本は、
栄養バランスの取れた食事です。
特に肌のバリア機能を高めてくれる緑黄色野菜は毎日積極的に食べましょう。
トマトや人参、赤ピーマンなどの赤い野菜は抗酸化作用に優れているので、
紫外線などによるダメージから肌を守ってくれます。

ビタミンCが豊富な果物も美肌には欠かせません。
ビタミンCは肌の粘膜を強くし、肌自らの美しくなろうという力を引き出してくれます。
ほかにも良質なタンパク質を摂る事も忘れないで下さい。
ダイエット中の女性でお肉や魚、卵などのタンパク質を控える人もいますが、
たんぱく質はコラーゲンの元であり肌を作り出すために必要な栄養素です。
脂質の少ないとり肉や、青魚、卵や大豆製品などは、毎日食べたい良質なたんぱく質です。

料理が苦手という人でも毎朝の朝食にフルーツや目玉焼きや冷奴、
ランチにはコンビニの野菜サラダをプラス、
外食の時にはチキンステーキを選ぶなど、
ニキビ肌改善のための食生活は案外簡単に実践する事が出来ますよ。
毎日のちょっとした意識でいつまでも若々しい美肌を手に入れましょう。