赤ニキビの原因と初期のケア方法

●腫れや熱を持った赤ニキビの原因とは

大きく赤く腫れたニキビ、痛みがあるニキビは赤ニキビです。
赤ニキビは炎症を起こしているのが特徴です。
赤ニキビはまず毛穴に皮脂がたまることからできます。
毛穴の出口がふさがれて皮脂が分泌できなくなると、
毛穴内部に皮脂がたまって白ニキビができます。
これがニキビの初期段階です。

アクネ菌が繁殖して炎症が起きると赤ニキビになります。
アクネ菌は脂肪が大好きで、
毛穴にたまった皮脂をエサにして繁殖、炎症物質を作り出します。
炎症の刺激は色素沈着やデコボコにつながることがあります。
赤ニキビは早めに対処して跡が残らないようにすることが大切です。
niki

●赤ニキビの炎症を抑え、早く治すには

炎症を鎮めるためには抗生物質を使用します。
皮膚科では抗生物質を処方するのがスタンダードになっています。
抗生物質は炎症を抑える働きはしますが、
ニキビを治す働きはありません。
炎症を抑えて赤ニキビの悪化を防ぎ、
ニキビ跡ができるのを予防します。
自宅でのケアは洗顔をしっかりして毛穴のつまりを取り除く、
保湿、食べ物で肌の調子を整えることをします。

スクラブはニキビに刺激を与えて悪化させる可能性があるので、
毛穴のつまりを取り除くには酵素洗顔やピーリング剤を使用します。
乾燥すると皮脂分泌が活発になるので、
保湿をして皮脂分泌を抑制します。
皮脂の分泌をコントロールするビタミンB2、B6や、
ターンオーバーを正常にするためにタンパク質を摂取します。
根気よく続けていれば赤ニキビが治ります。